人質の朗読会

小川洋子(小説家)

2011年2月28日

中央公論新社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯人、そして…しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.68

読みたい

6

未読

3

読書中

0

既読

259

未指定

34

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください