更年期障害だと思ってたら重病だった話

単行本

村井 理子

2021年9月9日

中央公論新社

1,540円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

47歳。突然人生の大展開。体調をくずし、駆け込んだ病院で下された診断は「心臓弁膜症」。たてた目標は「ひとりで入院し、ひとりで歩いて、元気に退院すること」-。婦人公論.jpで237万PV突破の人気連載。書き下ろしを加えて待望の書籍化!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください