蝦夷

古代東北人の歴史

中公新書

高橋崇

1986年5月31日

中央公論新社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「蝦夷とはなにか」という問題を含めて、古代東北史の戦後40年間の研究は、質量ともに厖大なものがある。その中で多くの通説や定説が生れたものの、それらは必ずしも厳しい史実検証が行われたものとはいえない。本書は、最近の目覚しい考古学の成果を取り込み、数少ない史料を丹念に検討しなおして、古代史の中でも、最も深い闇の奥底に閉ざされてしまった“まつろわぬ民”蝦夷=古代東北人の実像と、その軌跡の解明を試みる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.3

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

2

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください