裁かれる大正の女たち

〈風俗潰乱〉という名の弾圧

中公新書

清永孝

1994年4月30日

中央公論新社

726円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

大正年間、国家秩序の基盤は家父長権に支えられた家族制度であり、男性上位の社会秩序であった。これに反する者は古来の淳風美俗に反するとして厳しい規制を受ける。しかしこの圧力に反発する庶民のエネルギーもまた強く、その代表が〈新しい女〉たちであった。本書は〈風俗潰乱〉の名のもとに弾圧され抵抗した有名無名の女性たちの姿を当時の新聞雑誌から再現し、デモクラシーとロマンティシズムに隠れたもう一つの大正史を照射する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください