教養主義の没落

変わりゆくエリート学生文化

中公新書

竹内洋

2003年7月25日

中央公論新社

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

一九七〇年前後まで、教養主義はキャンパスの規範文化であった。それは、そのまま社会人になったあとまで、常識としてゆきわたっていた。人格形成や社会改良のための読書による教養主義は、なぜ学生たちを魅了したのだろうか。本書は、大正時代の旧制高校を発祥地として、その後の半世紀間、日本の大学に君臨した教養主義と教養主義者の輝ける実態と、その後の没落過程に光を当てる試みである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

3

未読

10

読書中

0

既読

14

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

교양두의의 몰락

starstarstarstar
star
4.3 2019年09月03日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください