ケータイを持ったサル

「人間らしさ」の崩壊

中公新書

正高信男

2003年9月25日

中央公論新社

770円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.2

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

14

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください