院政

もうひとつの天皇制

中公新書

美川圭

2006年10月25日

中央公論新社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

院政とはすでに譲位した上皇(院)による執政をいう。平安後期には白河・鳥羽・後白河の三上皇が百年余りにわたって専権を振るい、鎌倉初期には後鳥羽上皇が幕府と対峙した。承久の乱の敗北後、朝廷の地位は低下したが、院政自体は、変質しながらも江戸末期まで存続する。退位した天皇が権力を握れたのはなぜか。その権力構造はどのようなものであったか。律令制成立期から南北朝期まで、壮大なスケールで日本政治史を活写する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.9

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

5

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

원정

starstarstarstar
star
4.3 2020年07月22日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください