物語フランス革命

バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

中公新書

安達正勝

2008年9月25日

中央公論新社

1,012円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

一七八九年、市民によるバスチーユ襲撃によって始まったフランス革命は、「自由と平等」という光り輝く理想を掲げ、近代市民社会の出発点となった。しかし、希望とともに始まった革命は、やがて恐怖政治へと突入、ナポレオンを登場させ、彼の皇帝即位をもって幕を下ろす。本書は、ドラマに満ちた革命の有為転変をたどりつつ、当時を生きた人々の息づかいな社会の雰囲気を丁寧に追い、革命の時代を鮮やかに描き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.75

読みたい

7

未読

1

読書中

1

既読

45

未指定

41

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください