田中角栄

戦後日本の悲しき自画像

中公新書

早野透

2012年10月31日

中央公論新社

1,034円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「コンピュータ付きブルドーザー」と呼ばれた頭脳と行動力で、高等小学校卒から五四歳で首相の座に就いた田中角栄。「新潟三区」という雪深い地盤に“利益誘導”を行い、「日本列島改造」を掲げた角栄は、戦後政治の象徴だった。だが彼の金権政治は強い批判を浴び、政権は二年半で終わる。その後も巨大な「田中派」を背景に力を持ったが、ロッキード事件では有罪判決が下った。角栄を最期まで追い続けた番記者が語る真実。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.32

読みたい

4

未読

3

読書中

5

既読

18

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

朝日新聞の首相番記者による田中角栄評伝 罪を断ずる訳でもなく、功を誉めそやして阿る訳でもなく、淡々と外から見た自民党戦国史を語っている。 ロッキード事件を当時新聞を読んでいたつもりでも、、覚えていないこと知らないことが多く書かれている。13歳の中学生には無理もない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください