日本の財政

再建の道筋と予算制度

中公新書

田中秀明

2013年8月31日

中央公論新社

946円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

GDPの2倍、1000兆円を超えた日本の借金。国家破綻をめぐる議論は絶えないが、借金は経済成長を期待して改革を先送りしてきた20年間の結果である。幾度となく財政再建を試みながら、なぜ失敗し続けるのか。成長戦略は重要だが、財政再建なしには少子高齢化は乗り切れない。本書は、特に予算制度に着目し、財政再建に成功・失敗した先進10ヵ国の事例を繙き、日本財政の根源的問題を指摘、再建の道筋を提示する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.2

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

財政のしくみ

starstarstar
star
3.2 2019年11月18日

「財政」のしくみと現状を解説。他国に比べても日本の財政は透明度や説明責任のなさ、官僚と族議員のかけひきと介入、悪化への歯止めのなさ、結果責任の不在など悪化するのが必然ともいえる。政治の役割については右派政権は支出削減と減税、左派政権は財政出動と増税がそれぞれの傾向だというのは納得。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください