民主党政権失敗の検証

日本政治は何を活かすか

中公新書

日本再建イニシアティブ

2013年9月30日

中央公論新社

990円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

二〇〇九年九月に国民の期待を集めて誕生した民主党政権は、一二年一二月の総選挙での惨敗により幕を閉じた。実現しなかったマニフェスト、政治主導の迷走、再建できなかった財政、米軍基地をめぐる混乱、中国との関係悪化、子ども手当の挫折、党内対立、参院選敗北ー。多岐にわたる挑戦と挫折は、日本政治にどんな教訓を残したのか。ジャーナリスト・船橋洋一を中心としたシンクタンクによる、民主党政権論の決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.67

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

13

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月09日

面白かった。船橋洋一氏監修ということで買ったものの手が伸びなかったが、経済、選挙、外交といった切り口で気鋭の書き手が書き上げるアンソロジーであり、その丁寧な分析は読む価値がある。 選挙に勝つには民意だけではなく、参院選の1県一人区の地方をどれだけ押さえるか等々、小沢流の権謀術数もあり、また皆がリーダーになりたがる民主党(民社党?)の体質がフォロワーシップを醸成できず、また年功序列の大臣、副大臣、政務次官任命が一貫性の無い政治状況を作り出したなど、組織運営の蹉跌に陥るプロセスがよく描かれている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください