スターリン

「非道の独裁者」の実像

中公新書

横手慎二

2014年7月31日

中央公論新社

990円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「非道の独裁者」-日本人の多くが抱くスターリンのイメージだろう。一九二〇年代末にソ連の指導的地位を固めて以降、農業集団化や大粛清により大量の死者を出し、晩年は猜疑心から側近を次々逮捕させた。だが、それでも彼を評価するロシア人が今なお多いのはなぜか。ソ連崩壊後の新史料をもとに、グルジアに生まれ、革命家として頭角を現し、最高指導者としてヒトラーやアメリカと渡りあった生涯をたどる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

4

読書中

1

既読

4

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください