物語ポーランドの歴史

東欧の「大国」の苦難と再生

中公新書

渡辺克義

2017年7月31日

中央公論新社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

十世紀に産声をあげたポーランド王国は、十四〜十六世紀に隆盛を極めるが、王朝断絶後、衰退に向かう。十八世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅。第一次大戦後に束の間の独立を勝ち取るも、第二次大戦中にはドイツとソ連に再び国土を蹂躙された。冷戦下の社会主義時代を経て一九八九年に民主化を達成。潜在力を秘めた地域大国は今、どこへ向かうのか。栄光と悲運に彩られた国と民族の歴史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

58

未読

0

読書中

2

既読

3

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください