戦国日本と大航海時代

秀吉・家康・政宗の外交戦略

中公新書

平川 新

2018年4月19日

中央公論新社

990円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

15世紀以来、スペインやポルトガルはキリスト教布教と一体化した「世界征服事業」を展開。16世紀にはアジアに勢力を広げた。本書は史料を通じて、戦国日本とヨーロッパ列強による虚々実々の駆け引きを描きだす。豊臣秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか、徳川家康はなぜ鎖国へ転じたのか、伊達政宗が遣欧使節を送った狙いとは。そして日本が植民地化されなかった理由はー。日本史と世界史の接点に着目し、数々の謎を解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.22

読みたい

21

未読

3

読書中

3

既読

16

未指定

39

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください