文部科学省

「三流官庁」の知られざる素顔

中公新書ラクレ

寺脇研

2013年11月30日

中央公論新社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「脱ゆとり」「英語教育」等と騒がれるたびバッシングされる文部科学省は“三流官庁”とされてきた。本当のところ、どんな組織で、何をめざしているのか?日教組、PTA、教育委員会、文教族等との関係は?“ミスター文部省”が体験をもとに、教育行政の知られざる世界を解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.5

読みたい

0

未読

1

読書中

2

既読

7

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください