プロレスという生き方

平成のリングの主役たち

中公新書ラクレ

三田佐代子

2016年5月7日

中央公論新社

924円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 新書

プロレスは幾多の困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えている。馬場・猪木の全盛期から時を経て、平成のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのだろうか。メジャー、インディー、女子を問わず、裏方やメディアにも光を当て、その魅力を活写する。著者はプロセス専門チャンネルに開局から携わるキャスターで、現在も年間120大会以上を観戦・取材中

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください