二・二六事件増補改版

「昭和維新」の思想と行動

中公新書

高橋正衛

1994年2月28日

中央公論新社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

昭和十一年二月二十六日、降りしきる雪を蹴って決行された青年将校たちのクーデターの結果は全員処刑により終った。本書は、多くの資料によって事件の経過を再現し、彼らが意図した「昭和維新」「尊王攘夷」の意味を探り、軍隊のもつ統帥権意識を解釈の軸として、昭和初期からの農村の疲弊に喘ぐ社会との反応、軍部の政治への結合と進出の過程を追う。なお、改版に当り「命令・服従」という日本軍隊の特性について増補・加筆する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.73

読みたい

1

未読

10

読書中

1

既読

10

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください