幻象機械

中公文庫

山田正紀

1990年10月5日

中央公論新社

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本人に特異的な右脳と左脳の機能差研究から、無中枢コンピュータを構想する大学助手。彼が父の遺品に石川啄木の未発表小説を発見したとき、我々の脳に刻印されていた禁忌の謎が次第に明らかに…。日本人の“正体”に気づいてしまった啄木の、そして彼の運命は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください