竹人形殺人事件

中公文庫

内田康夫

1996年6月30日

中央公論新社

662円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

料亭の奥座敷で、一体の見事な竹人形を前に対峙する4人の男女。越前大観音堂の用地取得に絡む不正について、地元の有力者が浅見陽一郎刑事局長に圧力をかけているのだ。昔、父親が馴染みの女に贈ったという竹人形、いやその女自身の出現に困惑する陽一郎。弟の光彦は、事の真相を確かめるべく秋の北陸路へと旅立つ。だが、竹細工師殺害事件に遭遇した光彦も、容疑者として警察へ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください