「のと恋路号」殺意の旅

中公文庫

西村京太郎

1992年11月30日

中央公論新社

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

自分にプロポーズまでしていた中原が、なぜ自殺をしてしまったのか。井岡あや子は割り切れぬ思いを胸に、中原が死の直前に出かけていた能登恋路海岸を訪れるが、不審な男が彼女につきまとい、恋路駅のノートに残されていた中原のメッセージは破りとられてしまう。そして、彼女の周囲では次々に殺人が。十津川警部は、能登、東京、セブ島と深まる謎を追うが、思わぬ政治的圧力が。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください