薄紅梅

中公文庫

泉鏡花

1993年2月10日

中央公論新社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

蜻蛉の舞う小春日和の卵塔場、年増の美女と初老の男は30年前に起きた若い女の哀しい身投げ事件に想いを馳せる…。2ヵ月後の死を予感しつつ書かれた絶筆「縷紅新草」のほか、最晩年に鏡花が到達した文体を如実に示す佳品「薄紅梅」「雪柳」を収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください