真昼のプリニウス

中公文庫

池澤夏樹

1993年10月31日

中央公論新社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私はここまで来た。この山に、この身に、この心に、何が起こるかを見に来たー。浅間山頂の景観のなかに、待望のその時は近づきつつある。古代ローマの博物学者プリニウスのように、噴火で生命を失うことがあるとしても、世界の存在そのものを見極めるために火口に佇む女性火山学者。誠実に世界と向きあう人間の意識の変容を追って、新しい小説の可能性を示す名作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.15

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

180

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください