明石の女(ひと)殺人事件

中公文庫

斎藤栄

1994年10月31日

中央公論新社

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「父が殺された」。旧友の水沢小雛から連絡を受けた日美子は急遽、彼女の待つ明石へ向った。凶器は自らがオーナーの美術館が所蔵する伝備前長船の名刀と判明し、しかも女性館員の一人が失踪。さらに怪盗ファジーが明石に潜入したとの情報が入り、事件は混沌とする。タロットを駆使した日美子の推理は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください