哲学に何ができるか

中公文庫

五木寛之 / 廣松渉

1996年5月31日

中央公論新社

789円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

稀有の体系的哲学者とサブ・カルチャーの旗手を任じる作家という異色の対談者が、いかに生きるか、そして哲学に何ができるかという問いをめぐって、真摯な問答を交わした名著。本書に漲る異様な気迫は、両者が思索の場で真剣勝負をしているところから生れたものだ。ロングセラーにして哲学入門の必読書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください