原子力空母「信濃」南シナ海海戦(中巻)

中公文庫

鳴海章

1996年6月18日

中央公論新社

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

エネルギー生命線として、日本が東南アジアで推進する液化天然ガス・プロジェクト。そのプラントが攻撃され、日本へ向かうLNGタンカーも謎の武装船に襲われる。事態の重大さに、政府は原子力空母の出撃を決定したが。…鼻をつくジェット燃料の臭い、甲板を圧する轟音と熱風、激しい訓練に明け暮れる乗組員と艦載機パイロットを乗せ、日本が所有する戦後最強の軍事力「信濃」は一路南へ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください