読書(よみかき)村の殺人

中公文庫

吉村達也

1996年11月18日

中央公論新社

811円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明治の初頭、筑摩県木曽地方にある三つの村が合併した。与川村、三留野村、柿其村の頭文字をとってヨ・ミ・カキ、読書村の誕生である。そして月日は流れ百二十年後、長野県南木曽町読書で殺人発生!時間と空間を超え、満州国と木曽の山間を結ぶ怨念の糸。昭和七年の猟奇首なし殺人を皮切りに、全ての真相を語り出した老婆の話し相手は誰?寒気を催す土壇場の大逆転。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください