元禄快挙別録

中公文庫

三田村鳶魚 / 朝倉治彦

1998年11月18日

中央公論新社

691円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

吉良家の歴史、義央の人物像、上杉家との関係を考証した「口碑に存せる吉良義央」、上野介のために戦い死んだ小林平八郎を扱った「鷺坂伴内」、吉良方の防備や死者を追跡調査した「当夜の忠死者」など、打入り一件を吉良側の立場から描く。赤穂義士顕彰の空気の中、独自の眼で見直した鳶魚の処女出版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください