プレゼント

中公文庫

若竹七海

1998年12月31日

中央公論新社

775円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ルーム・クリーナー、電話相談、興信所。トラブルメイカーのフリーター・葉村晶と娘に借りたピンクの子供用自転車で現場に駆けつける小林警部補。二人が巻き込まれたハードボイルドで悲しい八つの事件とは。間抜けだが悪気のない隣人たちがひき起こす騒動はいつも危険すぎる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.67

読みたい

17

未読

12

読書中

3

既読

64

未指定

61

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

若竹七海「プレゼント」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2021年07月04日

著者の作品は2作目で作風は分かっていたつもりだったけれど、独特の描写で想像力を働かせながら集中して読まないと頭に入ってこなかった。それでも葉村晶というキャラクターに惹かれて読了後は読み返したくなる余韻が残る。派手なストーリー展開があるわけではないけれどかえって身近に起こりうる事件、事故なのでより体感してるような気がしてくる。短編として読みやすいので次作も読んでみたい。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.4 2021年06月03日

◆海の底。ハードボイルドな作家のハードボイルドな殺され方。◆冬物語。殺した男と殺された男。◆ロバの穴。ストレスの先のブラックホール。◆殺人工作。死んでほしくなかった人と殺したかった人。◆あんたのせいよ。責任転嫁だらけの殺人事件。◆プレゼント。面白い人が殺した人。◆再生。迂闊な嘘と偶然の一致。◆トラブル・メイカー。出会う探偵(被害者)と刑事。●短編だとわかりにくい。誰が何のことを言ったのか、謎はどう解けたのか。キャラがハードボイルドでお気に入りなだけに、そのあたりが非常に残念。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.4 2021年04月20日

◆海の底。ハードボイルドな作家のハードボイルドな殺され方。◆冬物語。殺した男と殺された男。◆ロバの穴。ストレスの先のブラックホール。◆殺人工作。死んでほしくなかった人と殺したかった人。◆あんたのせいよ。責任転嫁だらけの殺人事件。◆プレゼント。面白い人が殺した人。◆再生。迂闊な嘘と偶然の一致。◆トラブル・メイカー。出会う探偵(被害者)と刑事。●短編だとわかりにくい。誰が何のことを言ったのか、謎はどう解けたのか。キャラがハードボイルドでお気に入りなだけに、そのあたりが非常に残念。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください