高松宮と海軍

中公文庫

阿川弘之

1999年4月30日

中央公論新社

712円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「高松宮日記」編纂に携わった著者が、日記の発見から刊行に至る劇的な経緯を明らかにし、第一級資料のみが持つ迫力と感動とを鮮やかに伝える。時代と背景を解説する「海軍を語る」を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください