戦う石橋湛山

中公文庫

半藤一利

1999年12月18日

中央公論新社

754円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

戦争へと傾斜をはじめた昭和初期にあって、ひとり敢然と軍部を批判し、自由の論調を少数意見として説きつづけた石橋湛山。時流に乗って戦争を煽り、国際的孤立へと世論を導いた神がかり的マスコミの中で、変わることのなかったリベラリスト湛山の壮烈なる言論戦を、縦横に描いた昭和ジャーナリズム史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください