晴耕雨読ときどきワイン

中公文庫

玉村豊男

1999年12月31日

中央公論新社

712円(税込)

小説・エッセイ

軽井沢移住後数年を経て、ヴィラデスト農園を東部町に設営、礎石を築くまでの数年間を綴る。東京をはなれて十年のちょうど後半部にあたる。軽井沢町長選応援、史上最強の力士雷電を生んだ町、日本一のちゃんこ大鍋、軽井沢AV事情から恵比寿グルメガイド、欧州の旅など、ヴィラデスト発・田園便り。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください