もうひとつの季節

中公文庫

保坂和志

2002年4月25日

中央公論新社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鎌倉・稲村ガ崎の借家に住む「僕」と息子のクイちゃんと猫の茶々丸。それに近所の便利屋の松井さんと美紗ちゃんの兄妹ー。かれらのまわりを、ゆっくりと穏やかに時間は流れ、季節は移り変わっていく…。谷崎潤一郎賞受賞の『季節の記憶』待望の続篇、ついに文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください