鬼切丸

御隠居忍法

中公文庫

高橋義夫(小説家)

2002年4月30日

中央公論新社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

伊賀者の子孫・鹿間狸斎は四十で家督を子に譲り、草深い奥州、笹野に住み着いた。しかし、静かに暮らしたいという願いとは裏腹に、様々な難事件が降りかかる。天下一の勇士と呼ばれた男の差料を巡る騒動を描く「鬼切丸」他、狸斎の活躍を余さず活写する八篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください