古代出雲巨塔の謎

中公文庫

祖田浩一

2002年8月31日

中央公論新社

754円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

古代、出雲大社の本殿は“塔”であった。天空にそびえたつ塔は、しばしば顛倒を繰り返す。あるときはその高さのゆえに、そしてまたあるときは朝廷を脅かすために…。神社とは何をするところなのか?人々は神社に何を求めたのか?大社を祀る人々の葛藤を活写し、知られざる歴史を紐解く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください