メコンの死線

前進か死か5

中公文庫

柘植久慶

2004年5月31日

中央公論新社

984円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

インドシナ、アルジェリア、コンゴ、そしてパリでの大統領暗殺…。傭兵として二十年、苛酷な戦いを潜り抜けてきた鷲見友之は最後の戦場として、再びヴェトナム戦争真っ直中のインドシナに向かう。苦戦するアメリカ軍を救うべく彼に課せられた任務は、南北ヴェトナムを結ぶ補給線、ホーチミン・トレイルの破壊だった。-円熟した傭兵の戦術が冴えわたる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください