嗤う伊右衛門

中公文庫

京極夏彦

2004年6月25日

中央公論新社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幽晦との境界が、破れている。内部の薄明が昏黒に洩れている。ならばそこから夜が染みて来る…。生まれてこのかた笑ったこともない生真面目な浪人、伊右衛門。疱瘡を病み顔崩れても凛として正しさを失わない女、岩ー「四谷怪談」は今、極限の愛の物語へと昇華する!第二十五回泉鏡花文学賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.87

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください