青山二郎の話改版

中公文庫

宇野千代

2004年9月30日

中央公論新社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

骨董は女と同じだ。抱いてみなければわからないー透徹した美意識に支えられた審美眼の主として、異彩を放ち続けた青山二郎。その放蕩も含めて日常を見守った著者が、愛と尊敬と好奇心をもってささげるオマージュ。抑制されたやわらかな言の葉に、卓越したある時代の魂がたしかに宿る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください