わかりやすい日本の神話

中公文庫

出雲井晶

2005年1月31日

中央公論新社

712円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日本の神話には、現代人が失いつつある、おおらかな日本人の原型が存在する。『古事記』のなかから「国うみ」「黄泉の国行き」「須佐の男の命」「天の岩屋戸」「八俣の大蛇」「国ゆずり」「海幸と山幸」などの十六篇を、平易な文章と美しい挿絵で紹介する絶好の入門書。神話のなかに登場する、泣き、笑い、そして謳う神々が紡ぎ出す壮大なストーリーは、単なるお伽話ではない、大切なメッセージを現代に生きる人々に訴えかけている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください