苦い娘

中公文庫

打海文三

2005年4月30日

中央公論新社

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

その小さな印刷所は倒産寸前だった。経営者と組合が団交を繰り返す中、ひとり、万里子は明日退職するつもりだった。二十歳を前に、自分の情熱と夢の先に向かうために。だが、団交の最中、暴力団の男たちが殴り込んできた。さらに騒動に紛れ「整理屋」が重要書類とともに社長夫妻を連れ去ってしまう。その略奪者のひとりに叔父の姿をみた万里子。叔父に詰めよる彼女だが、その直後、彼は謎の死を遂げた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください