卍改版

中公文庫

谷崎潤一郎

2006年10月25日

中央公論新社

838円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

光子という妖しい美の奴隷となった柿内夫妻は、互いにまんじ巴のように絡みあいながら破滅につきすすむ。官能的な愛の中に心理的マゾヒズムを描いた傑作。晩年の谷崎と、若尾文子・岸田今日子による座談会(昭和三十九年収録)を付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください