別れの後の静かな午後

中公文庫

大崎善生

2007年9月30日

中央公論新社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

それは僕に必要な静かな午後だった。風も波もない、まったく平静な宇宙空間にいるような時間がー恋人との別れから三年後、一本の電話が僕を直撃した。胸の痛みを抱えながらも、やがて心の奥底が暖かくなる時間が訪れる(表題作)。別れとはじまり、生きることの希望を描いた珠玉の短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

12

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください