暮しの眼鏡

中公文庫

花森安治

2008年2月25日

中央公論新社

733円(税込)

小説・エッセイ

ミイハアを笑うものは、ミイハアに泣かされるー衣食住、風俗など、身近なできごとからユーモアとエスプリたっぷりに「世の中にもの申す」。本当の豊かさとは?生活とは?時代をこえて私たちに届く、『暮しの手帖』初代編集長の随筆集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください