そして誰もいなくなる改版

中公文庫

今邑彩

2010年4月30日

中央公論新社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

名門女子校の式典の最中、演劇部による『そして誰もいなくなった』の舞台上で、服毒死する役の生徒が実際に死亡。上演は中断されたが、その後も部員たちが芝居の筋書き通りの順序と手段で殺されていく。次のターゲットは私!?部長の江島小雪は顧問の向坂典子とともに、姿なき犯人に立ち向かうが…。戦慄の本格ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(25

starstarstar
star
3.5

読みたい

18

未読

21

読書中

1

既読

134

未指定

105

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

あとすこし

starstarstar
star
3.5 2021年12月27日

アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」のオマージュ作品。話自体はとても似ている印象。そのためか、話が先読み出来てしまい新たなワクワク感がいまひとつ。もうひと展開あるとより面白いと感じた。

全部を表示

Readeeユーザー

繰り返し読みたくなる

starstarstarstarstar 5.0 2019年01月03日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください