十津川警部「射殺」

中公文庫

西村京太郎

2011年8月31日

中央公論新社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

釣りを楽しんでいる亀井が拾ったビンの中に、「助けて」と七年前にナオミという人物が書いたと思われる紙が入っていた。時を同じくして女性の白骨死体が発見されると、「ナオミのために」というメッセージが現場に残された連続殺人事件が起こる。白骨死体はナオミなのか?十津川警部は遺族による復讐殺人とにらむが、事件は意外な方向に…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください