卍の殺人

中公文庫

今邑彩

2011年10月31日

中央公論新社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

荻原亮子は恋人の安東匠とともに彼の実家を訪れた。その旧家は二つの棟で卍形を構成する異形の館。住人も老婆を頂点とした二つの家族に分かれ、微妙な関係を保っていた。匠はこの家との訣別を宣言するために戻ってきたのだが、次々に怪死事件が起こり…。謎にみちた邸がおこす惨劇は、思いがけない展開をみせる。著者デビュー作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.38

読みたい

4

未読

6

読書中

0

既読

39

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください