小さな男・静かな声

中公文庫

吉田篤弘

2011年11月30日

中央公論新社

859円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

百貨店の寝具売場に勤めながら百科事典の執筆に勤しむ“小さな男”。ラジオのパーソナリティで、日曜深夜一時からの生番組に抜擢されたばかりの三十四歳の静香。“小さな男”と“静かな声”、交互にあらわれる二人の語り手から、ささやかな日々のいとおしさが伝わる物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

5

未読

3

読書中

3

既読

14

未指定

19

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

吉田篤弘「小さな男*静かな声」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください