昭和史の天皇(4)

中公文庫

読売新聞社

2012年4月30日

中央公論新社

984円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以て万世の為に太平を開かむと欲す」-。原爆投下そしてソ連参戦を経て、鈴木貫太郎内閣はボツダム宣言受諾を決意する。それに対して陸海軍は、そして外務省はどう動いたのか。玉音放送に至るまでの人間ドラマを当事者たちの証言で再現。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください