ふるあめりかに袖はぬらさじ改版

中公文庫

有吉佐和子

2012年9月30日

中央公論新社

880円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

露をだにいとふ倭の女郎花 ふるあめりかに袖はぬらさじー幕末、横浜・岩亀楼。異人の身請けを拒んで自刃し、「攘夷女郎」にまつりあげられたおいらん・亀遊。その虚像の上にさらに虚構をのせて語り継ぐ芸者・お園。騒然とした世相の中、お園が見つめた人間の真実とはー。表題作とともに、「華岡青洲の妻」を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください