白き手の哀しみ

中公文庫

渡辺淳一

2012年9月30日

中央公論新社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

看護学校を卒業したばかりの「わたし」が、癌の末期患者から命じられたあることとは…。人間の本能を切ないまでに激しく描く表題作ほか、生と死を扱う医療を通して、人間の本質に鋭く迫る初期傑作短篇集。“渡辺淳一メディカル・セレクション”第一巻。巻末に著者特別インタビューを付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください