作家六波羅一輝の推理

秩父夜祭・狼の殺意

中公文庫

鯨統一郎

2013年6月30日

中央公論新社

775円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

奥秩父山中で、喉に狼らしき咬痕がある女性の刺殺死体が発見された。被害者は、ミステリ作家の六波羅一輝に同行していたカメラマン。一輝たちは、狼信仰に纏わる新興宗教団体を取材していたのだ。警察は捜査を開始するが、第二の殺人が発生しー。秩父夜祭で賑わう街で起きた、殺人連鎖の謎と真相に一輝が挑む。シリーズ第6弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

11

未読

3

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください